アデコ派遣社員の在籍確認 勤務先に電話あり?即日借入れするなら消費者金融選びが重要

 

アデコ在籍確認

 

必要なときに気軽に借り入れができるのがキャッシングのしくみです。

 

キャッシングのサービスを取り扱っているのは銀行や消費者金融などのいろいろな会社があります。

 

一般的なところでは申し込みをしたあとで審査を受け、その審査が終了すれば正式に契約書を交わすとともに専用のカードを発行してもらい、そのカードにより実際の借り入れをするという流れになります。

 

キャッシングのための専用カードは後日自宅の住所に宛てて書留郵便などで郵送されるのが普通です。

 

 

そのほかにも自動契約機のようなしくみを使って、契約後に機械から無人で発行される場合や、カードそのものが必要なく、スマートフォンでバーコードを読み込んでカードレスの借り入れができるようになっている場合もあります。

 

→ 職場連絡なしでお金借りるならプロミスカードローンがおすすめ

 

このような細かな流れは申し込みをした会社によっても相当異なっていますので、あらかじめウェブサイトやパンフレットなどで情報を得ておくことが得策です。

 

キャッシングを申し込む際の審査についても同様に予備知識が必要です。

 

申し込みにあたっては住所氏名や自宅の電話番号、年齢などの基本的な個人情報をはじめとして、勤務先の名称や所在地、部署名やその電話番号、家族構成、自宅が持ち家か貸家かどうかなどの区別についても記載させられることになります。

 

このような記載事項をもとにして審査が行われ、通常はスコアリングといって点数化した上で基準に達すれば融資可能としています。

 

職業に関していえば公務員のように安定確実な職業の人ほどスコアが高く、パートやアルバイトのように雇用そのものが不安定な人はスコアが低くなるというしくみです。

 

現在アデコなどの派遣会社に登録した上でさまざまな企業に派遣されている社員の場合には、正社員よりもこのスコアは低くなってしまうのが通例で、場合によっては審査をする以前の話として申し込みができないこともあり得ます。

 

申し込みができるかどうかはウェブサイトなどに記載があるはずですので、もしも派遣社員の場合には最初から申し込みの条件から排除されていないところを選んでおくべきです。

 

また派遣社員であっても申し込みができるとした場合であっても、あらかじめ押さえておきたいのは職場への在籍確認の電話があることがほとんどという点です。

 

在籍確認は審査の一環ですので、申し込みをしたあと、正式な契約書を交わすために運転免許証などの本人確認書類や源泉徴収票などの収入証明書といった必要書類を提出するに先立つタイミングで行われます。

 

派遣社員の場合には実際に勤務している派遣先との雇用契約関係があるわけではなく、あくまでも派遣会社との間の雇用関係です。

 

これも銀行や消費者金融などの申し込みをした会社によって扱いが異なりますが、通常であれば雇用関係がある派遣会社のほうに在籍確認の電話がかかってきます。

 

アデコに登録をしている場合であれば、派遣会社として登録社員の個人情報をオペレーターから銀行などに教えることはありませんので、この在籍確認ができなくなってしまいます。

 

在籍確認ができなければ銀行や消費者金融としても融資のリスクが高いものと判断し、そのまま審査不合格として申し込みを却下するのが一般的な取り扱いです。

 

このようなことを避けるための方法はいくつか考えられます。

 

まずは派遣会社ではなく実際の勤務先のほうに在籍確認ができないかどうかを銀行などに相談するとともに、勤務先の上司などにも在籍確認の電話がある旨を事前に伝えておくことです。

 

申し込みをした会社によっては最初から派遣元ではなく実際の勤務先のほうに在籍確認の電話を入れることを基本としている場合があります。

 

この方法がもっともスムーズではありますが、職場の人にはお金を借りることを知られたくないという場合には、在籍確認の電話を不要としているキャッシングのサービスを探して、そこに申し込みをする方法が挙げられます。

 

このようなケースは探してみるとなかなか存在しないものです。

 

一部では社会保険の保険証などの書類を提出することをもって在籍確認の電話に代えてくれる場合、あるいはインターネットを通じて申し込みをしたときに限って在籍確認を不要とする場合などがあります。

 

派遣社員の場合には会社の社会保険ではなく地域の国民健康保険に加入していることもあり、場合によっては代用の書類提出という方法が使えないおそれもあるので注意が必要です。

 

インターネット経由での申し込みについては、提携している銀行の普通預金口座を開設していて、そのデータを見れば申し込みの内容に虚偽がないことが明らかといった環境になるなど、別の条件をともなうことがあります。

 

普通預金口座の開設といった条件であれば、職場への在籍確認よりもはるかにハードルとしては低いはずですので、口座開設のほうを先に済ませてからキャッシングの申し込みをしてみるという方法も意外と使えるはずです。