みずほ銀行で30万借りれる?勤務先連絡なしで借りたいなら

みずほ銀行で30万借りれる?勤務先連絡なしで借りたいなら

 

 

・みずほ銀行カードローンの金利
エグゼクティブプラン 3.5−7.0%
コンフォートプラン 4.0−14.0%

 

・最高限度額はゆとりの1,000万円
・24時間申込み受付可能で最短即日利用可能
・みずほ銀行キャッシュカードを持っているとなおさら便利

 

※限度額200万円以下なら、収入証明書(所得証明書)は不要で主婦の方でもキャッシング可能です。

 

 

 

手数料は動くタイプになるみずほ銀行のカード商品

 

みずほ銀行が取り扱っている商品は、とても多彩です。その中には、手数料が変動するタイプもあるのですね。逆に固定されるタイプもあります。

 

まずこの銀行が提供している多目的という商品の場合は、実は固定されるコースがあるのです。厳密に申し上げれば、その多目的の商品では2つの中から1つを選ぶ事ができます。手数料が固定されるタイプと、動くタイプのどちらかですね。現時点では、固定されるタイプは年間7.8と設定されている状況です。ちなみに動くタイプの場合は、約6.9%前後ですね。

 

そして後者の動くタイプの場合は、もちろん今後数字が変化する可能性があります。8%台になるかもしれませんし、もしかすると4%台に下がるかもしれませんね。基本的には金融情勢で、それが変化する事になります。

 

そしてこの銀行の場合は、カードローンという商品を提供しているのですが、それは動くタイプになります。ちなみに現時点では最高の手数料は14%と設定されています。それも同じく、やはり上記のような金融情勢で動くことになるでしょう。最近では金融緩和などの話も浮上していますので、今後は手数料が割安になる可能性はありますね。

 

いずれにしても「手数料が変動型」なのは、その銀行のカード商品の特徴の1つと言えるでしょう。

 

みずほ銀行の中でもやや珍しい準備物が不要なカード商品

 

みずほ銀行では色々な融資商品を提供しているのですが、たいていは準備物が求められます。いわゆる保険証などが必要になってくる訳ですが、この銀行が提供している商品の中で、約7割くらいは準備物が必要ですね。

 

例えばこの銀行では、多目的という融資商品を提供しています。その名称の通り様々な目的の為に利用する事ができる商品なのですが、その際上記の準備物が必要なのですね。

 

ところがこの銀行のカードローンの場合は、実は準備物は不要になるのです。この銀行で口座を持っていれば、それは必要ありません。

 

なぜかと申しますと、すでに情報が伝わっているからです。口座を持っていれば、銀行に本人の情報が色々登録されています。ですのでわざわざ準備物が無くても、特に問題なく借りる事はできるのですね。

 

みずほ銀行が提供している数ある融資商品の中でも、準備物が不要なのはとても珍しいです。前述のように約7割くらいはそれが必要になる訳ですから、ある意味それはこの銀行のカード商品の特徴の1つと言えるでしょう。

 

ただしそれは、銀行での口座を持っている時に限られます。口座を持っていないのであれば、やはり準備物を提出する必要はありますね。状況により様々という訳です。

 

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンには、返済方法がいくつか存在します。

 

一つは、自動引き落としという方法であり、?毎月の10日(銀行休業日出会った時には、翌営業日)に前月分に支払うべき分について

 

返済用に設定された普通預金口座からお引き落としをする方法であります。

 

口座にお金差へ入っていれば、返済を忘れずにすることが可能ですので、返済期日にお金が入っていれば簡単に返済できる
お手軽な方法であるといえます。

 

二つ目は、任意返済をするという方法であり、みずほ銀行のカードローンや提携先の各ATMを利用することによって返済する方法であり、
先に紹介した自動引き落としの方法と併用して、返済を行うことが可能であります。
都合のいい時に返済できるため、ちょっとした時間にお金に余裕がある時には便利であります。

 

三つ目はみずほダイレクトでの返済方法となり、スマートフォンやパソコンなどからインターネットを経由してお金を返済する方法であります。
カードローンのご返済は24時間ご利用できますから、返済についてはインターネットがつながっている環境であれば、いつでも行うことができるものとなっています。

 

みな昌が使いや憂いと思った方法で返済できますので、みずほ銀行カードローンは非常に便利であります。

 

限界額の増額手続きもできるみずほ銀行とそのポイント

カードローンを利用している方々は、しばしば限界額を増やしたいと思っています。限界額というのは、借りる事はできる限界を指します。

 

例えば限界が30万円と設定されているならば、28万や30万で借りる事ができるのですね。しかし31万以上で借りる事は、原則困難になります。限界は30になっているからです。

 

しかし人によっては、その限界値を上げたいと考えている事もあるでしょう。限界が上がる方が手数料が低めになってきますし、そもそも大きな出費にも対応できるものだからです。大きな買い物などが必要になると、限界額が高めになっている方が便利ですね。

 

みずほ銀行の場合は、その限界額を上げるための手続きをする事はできます。やり方はとてもシンプルで、限界額を上げたいという旨を伝えるだけです。するとみずほ銀行にて、色々と確認作業が行われます。確認して特に問題無いと判断された時には、限界額をアップさせる事はできるのです。

 

しかし問題があると判断された時には、アップが難しくなる事はあります。そして何回も失敗してしまいますと、今後は限界額を上げるのが難しくなる事があるのです。ですので「かなりの高確率で限界額はアップできるだろう」と判断した時のみ、その申請手続きを行うのが無難ですね。

 

基本的にこの銀行では、利用頻度が重視される傾向があります。この融資商品を用いて何回か利用している実績があるならば、申込をしてみるのも一法でしょう。