キャッシングしてお金借りると通帳記入される?家族にも会社にもばれずにカードローン

 

キャッシングをしたら、通帳記入される場合は、預金口座を介して借り入れや返済手続きをしている場合です。

 

キャッシングしてお金借りると通帳記入される?家族にも会社にもばれずにカードローン

 

通帳記帳して、キャッシングが家族や周囲の方に知られるのを恐れている場合は、通帳が発行されないインターネットバンキングを利用するか、インターネット専業銀行を利用して手続きするといいでしょう。

 

口座の確認する際には専用画面にログインして、ウェブ上で口座を閲覧するか、PDF形式やCSVファイルでダウンロードしてパソコン等に取り込むかどちらかになります。

 

閲覧だけならスマートフォンのサイトやアプリを利用してできますし、自分専用で他の人から見られにくく、とても便利に使えます。

 

ネット非対応の銀行口座の方や、ネット上に口座を開設するのが面倒な方は、口座から直接キャッシング取引をしないことをおすすめします。

 

振り込みキャッシングは、電話やサイトメニューから依頼するだけで、登録した口座に無料で振り込みができ、利用しやすいものです。

 

しかし、入金の記録が残り、通帳記入する時に記載があるため、家族に知られてしまうことがあります。

 

現金が入用な時は、自ら直営や提携のATMに出向いて、ローンカードを使って借り入れ手続きをするといいでしょう。

 

ローンカードがなくても借り入れできるシステムの場合は、コールセンターに相談してローンカードを発行してもらえないか問い合わせてみましょう。

 

 

返済の手続きでも、口座から決まった日に自動引き落としがされたり、カードローンの返済用口座に振り込んだりすると、通帳記入した時に記載されてしまいます。

 

口座引き落としは手数料無料で、口座に用意しておくだけで返済ができて便利なものです。

 

しかし、ばれないようにするには、やめた方が賢明でしょう。

 

返済用口座に振り込んで返済するのも、口座から行わないようにしましょう。

 

返済するには、やはりローンカードを使ってATMから行うのがおすすめです。

 

一部の返済方法では、対応するコンビニのマルチメディア端末を使って払込票を発行させ、レジで支払いができるものもあります。

 

 

借り入れや返済の手続きで気をつけなくてはいけないのは、手数料の問題です。金融機関直営のATMなら手続きをしても無料で済みます。

 

しかし、提携のATMを利用した場合は、所定の手数料がかかります。金額や時間によっても、手数料の金額に違いが出ることもあります。

 

口座を介した取引では手数料が無料だったり、安価な額に抑えられたりするメリットもあります。

 

お得に使いたいのなら、インターネット上で取引できる銀行口座にする方がいいでしょう。